【結婚相手を探そう】お見合いでいい出会いを求るためのコツを紹介

男女

幸せな未来のために

結婚に憧れていてもなかなか異性との出会いがないという場合、利用したいのが結婚相談所です。スタッフと相談しながら婚活が進められるため、自分にピッタリな異性と出会えるはずです。京都には多数の結婚相談所があるため、成婚に結びつけるために相性のあう業者を選びましょう。

社会人の出会いを広げる場

社会人サークルは、社会人にとって職場関連に限定されがちな出会いのチャンスを広げられる手段の1つです。学生サークルと同じような仕組みでスポーツや文化、飲み会などを楽しむことができます。仕事の忙しさなどを考慮し、イベントの多くは自由参加であるという点に特徴があります。

お店を選ぶポイント

どこの結婚相談所を選ぶかによって、その後の人生が決まります。結婚できるかどうかは、結婚相談所を選んだ時点で決まっているのです。必ずしっかり下調べをして、最終的にアドバイザーの質を重視して選ぶことが大切です。

釣書を渡すことから始まる

指

返事は世話人に伝える

お見合いをする時は、まず世話人に釣書を渡すことから始まります。釣書とは、学歴や職歴や趣味、家族構成、特技などを書き、写真を添えた履歴書のようなものです。正式には、履歴書と生活状況書、家族書の3つを用意しますが、全部を一枚にまとめて書いた略式の物でも大丈夫です。タイピングではなく、必ず本人の自筆で書くのが決まりです。写真は、正装をしてお見合い用に写したものと、日常のスナップを用意します。釣書を世話人に渡すときは、両親もしくは身内の誰かと一緒に行くのが常識です。釣書を見てお互いが気にいったら、世話人を介してお見合いの日取りが決められます。お見合い当日は、指定されたレストランもしくは料亭に行き、当事者は向かい合わせに座ります。付添人がある場合は、当事者の横に座ります。そして、世話人がお互いを紹介し、お見合いがスタートします。最初のうちは、世話人や付添人を交えて、趣味や仕事など、色々な話をします。場が和み、お互いに慣れてきたら、世話人と付添人は席を外し、当事者だけの時間を過ごすことになります。お見合いが終わったら、返事は当事者ではなく、世話人に伝えます。もしもお互いが交際をしたいという意思があれば、世話人が次に会う機会を設けてくれます。その後も何度か会う機会を作ってもらい、後は二人でと言われてからは、当事者同士が直接やり取りをするようになります。その後は、デートを重ね、二人の意思が固まったら結婚となります。